障がい者さんの強い味方|騎手になりたいなら競馬学校に行く|専門的な知識を得る為に

騎手になりたいなら競馬学校に行く|専門的な知識を得る為に

レディ

障がい者さんの強い味方

カウンセリング

声となり、耳となる

2020年に東京で障がい者スポーツの祭典が行われることから福祉関係の仕事に対する注目が高まっています。それを受けて少しずつですが志願者が増えているのが言語聴覚士です。世の中には病気などが原因で言語によるコミュニケーションがうまく取れなくなってしまった人がいます。そういった人たちの会話をサポートしてあげる言語のスペシャリストが言語聴覚士です。基本的には障がいがある人と接することが業務となるため肉体的な負担が小さく、男性だけでなく女性でも十分に活躍できる仕事です。また、サポートをしてあげている人が何を伝えようとしているのかを優しく、そして時には辛抱強く聞いてあげることが求められる仕事ですから、包容力のある女性にはぴったりの仕事だと言えます。最近では高齢社会の影響を受けて老人ホームなどが増えており、言語聴覚士の活躍が求められるシーンが増えていますから、仕事を見つけやすいというのも言語聴覚士の大きな魅力のひとつです。

国家試験をパスする

言語聴覚士は国家資格であるため誰でも簡単に受けられるわけではなく、厚生労働省が指定した所定のカリキュラムを大学院や専門学校で修める必要があります。国が指定した四年生の大学を卒業することが最短で受験資格を得るための方法です。もちろん、言語聴覚士を養成することを目的としていない四年生の大学に通っていたとしても、その後に国によって同じく指定されている大学院に二年間行けば大丈夫です。これらの言語聴覚士を育てるための学校ではさまざなことを学びます。円滑なコミュニケーションを可能にするためにはそれ相応の技術も必要ですし、障がいがある人の気持ちを理解してあげるために医学的な知識も求められます。それらのどれかひとつでも欠けてはダメで、バランスよく習得していくことが一流の言語聴覚士になるための第一歩です。ちなみに、言語聴覚士になれる学校のカリキュラムは根本的な部分は同じですが、細部に関しては少し個人差があるため、入学をする前にその学校がどんなことに力を入れているのかを調べておくと安心です。