パティシエを目指す人へ|騎手になりたいなら競馬学校に行く|専門的な知識を得る為に

騎手になりたいなら競馬学校に行く|専門的な知識を得る為に

レディ

パティシエを目指す人へ

お菓子

パティシエとして働くには

パティシエになりたいという夢を持つ人は多いものです。甘い香りに囲まれて、きらきらした美しいお菓子を作るケーキ屋さん・パティシエは、今も昔も大変人気が高い職業の一つです。パティシエとして最も大切なのは技術力であり、必ずしも資格が必要というわけではありません。そのため、高校を卒業したらすぐにお店に入って修行をするという考え方もあります。しかし、何の技術もない状態で採用し、育ててくれるというお店は決して多いわけではないこともお察しいただけるでしょう。一般的にパティシエを目指す場合は、製菓の専門学校に通い、基本を身に付けてから就職するという流れになります。しかし、もし早いうちから自分の進路が明確になっているのならば、もっと近道をする方法があります。それが、製菓を学ぶことができる高校に入学することです。

人より早く資格を取得する

製菓について学ぶことができる高校には、2通りのパターンがあります。1つ目は、資格取得はできないが、製菓実習などの時間が設けられている場合です。これは総合学科などによくみられるパターンです。2つ目は、高校在学中に製菓衛生師の資格を取得できるパターンです。本気で製菓の道に進みたいと考えているならば、後者をおすすめします。理由としては、製菓衛生師は国家資格であり、パティシエとしての就職に非常に有利になることが挙げられます。一般的には専門学校等に通うなどの方法で取得するものです。専門学校への進学には数百万の費用が掛かりますが、高校で取得すると、授業料プラス実習にかかる費用程度で取得できるのです。また、高校卒業時に製菓衛生師の資格を持っていれば、すぐに製菓店に就職でき、人よりも早く経験を積むことができるからです。